臼  井: この4年間、市議会議員として市政に対しては遠慮せずに様々な問題を提起し、改善策などの提案もさせて頂きました。
高野市長: 臼井議員は議会では毎回一般質問を行っていますが、常に市政に疑問を持ち新たな提案があるからこそ出来るのだと思っています。 予算・決算特別委員会をはじめ各委員会においての厳しい追及も見られ、市政に対しての情報収集力や調査力、分析力などには目を見張るものがあります。
臼  井: 私は府中生まれ府中育ちですが、市議会議員となり今までとは違う角度からの市政も見えてきました。誇れるところは文化、教育、交通、スポーツ、医療、公共など充実した施設、そして行き届いたインフラだと思います。 市民からも住みやすさにおいて毎年高い評価を得ておりますが、一方で今後は各施設やインフラの維持管理が課題となってきております。

高野市長: ご指摘の通り各施設やインフラの維持管理費は大きな課題です。公共施設マネジメント、インフラマネジメントを適切に行い、各施設の特性を生かす最適な方法を選択しながら今後は維持管理などを行っていきたいと考えています。
臼  井: 高齢化社会への影響もあり医療や介護、福祉サービスの充実が求められ、民生費は近年大きく増加しております。
府中市財政の舵取りは極めて難しい局面を迎えていると思います。
高野市長: 高齢化社会は目に見えて進んでいますが、昔と比べて元気なお年寄りが多いのも事実です。今後はより一層それぞれの状況に合わせた福祉サービスの充実、医療環境の整備を行っていきたいですね。そして何より積極的な予防にも努めていきたいと思っています。
また市民協働を市政運営の柱にも掲げておりますので、市民ボランティアなどの活用も視野にいれていきたいです。

臼  井: 京王線府中駅前の『第一地区市街地再開発事業』が本格的に動き出しました。組合と行政が一体となって必ず成功させなくてはいけない大事業です。 また将来的にはしっかりと市民にも還元される事業としていかなくてはいけないと思います。
高野市長: 再開発ビルの完成により特に防災面において安心して頂けるものとなります。また新たな雇用や消費もうまれ、経済効果にも大きな期待を寄せており、市民税や法人税、固定資産税などによる市税収入増も見込まれています。必ず市民の皆様に還元できる事業となるように市長としてしっかりと指示していきたいと思います。
臼  井: これからも府中の誇る伝統や歴史を大切にしながら、新しい考え方も取り入れ府中市の発展のために様々な提案をしていきたいと思います。
高野市長: 臼井議員の鋭い指摘や提案をこれからも期待しております。